towel.jpg

タオル美術館 概要

本美術館は、2000年4月29日に地元のタオルメーカーの一広株式会社によって、タオル美術館ASAKURA(タオルびじゅつかんあさくら)として建設された。朝倉の自然とタオルアートの融合、癒しのスペースをコンセプトとし、建物は5階建て。建坪は1万坪、併設のヨーロピアンガーデンが1万坪。タオルを使って作られたタオルアートや綿花から糸になるまでの紡績工程にタオルの製織工程を実際の機械を使用して展示している。

西日本最大面積を誇るタオルの物販コーナーから、四国瀬戸内物産コーナー、フォション社の紅茶を味わえるミュージアムカフェに加え、新創作中国料理の「王府井」も併設。 3階のタオル工房では、購入したタオル製品に刺繍で名前を入れることができ、人気のコーナーとなっている。 およそ1万坪の「ヨーロピアンガーデン」では、四季を通じて様々な植物が植えられ自然を満喫できる。 この庭では、一日一組限定のガーデン挙式もでき、レストラン「王府井」での披露宴も行われる。
2005年に、所在地の愛媛県越智郡朝倉村が、市町村合併により今治市になった際、施設名称をタオル美術館ICHIHIRO(タオルびじゅつかんいちひろ)へと変更した。


towel2.jpg

展示内容

タオルの製造工程
・梳綿機(りゅうめんき)→・練条機(れんじょうき)→・粗紡機(そぼうき)→・精紡機(そぼうき)→・捲糸機(まきいとき)→・タオル織機(タオルしょっき)
タオルアート
タオル生地を使用した額装品や立体物、俣野温子デザインによるタオル作品など。
タオル製品
綿のオブジェ 等
4階美術館展示ブース入口前「コットンロード」に展示。タオルの原料である綿で作られた巨大なアイスクリームやケーキのオブジェ。


タオル美術館ICHIHIRO
〒799-1607 愛媛県今治市朝倉上甲2930
TEL:0898-56-1515 / FAX:0898-56-2727




お車でお越しの方
◆ 高松・徳島・高知・松山方面から
松山自動車道・いよ小松ジャンクション(いよ小松インターに併設)から、今治小松自動車道に進み、東予丹原インターで降りる。
広域農道を、朝倉・今治方面に進む。
(東予丹原インターから約10分)
◆ 福山・広島方面から
  しまなみ海道(西瀬戸自動車道)を今治インターで降りる。
国道196号(バイパス)を小松方面に進み、頓田川橋梁手前で右折して、広域農道を進む。
(今治インターから約20分)
◆ 道後温泉から
  国道317号線を今治方面に向かい、国道196号線との交差点(小泉交差点)を右折して、小松方面に進み、頓田川橋梁手前で右折して、広域農道を進む。
(道後温泉から約1時間)


公共交通機関をご利用の方
◆ 岡山・高松方面からJR利用
JR岡山駅からは特急「しおかぜ」で、JR高松駅からは特急「いしづち」でJR今治駅下車。タクシー約25分。
◆ 福山・広島から
  しまなみ海道経由のバス(今治行き)に乗車し、JR今治駅または、今治桟橋で下車。タクシー約25分。
◆ 松山からJR利用
  JR松山駅から(上り)特急「しおかぜ」または、特急「いしづち」でJR今治駅下車。タクシー約25分。
◆ 東京・大阪、その他遠隔地から航空機利用
  松山空港からJR松山駅まで連絡バスあり。 JR松山駅からは特急「しおかぜ」または、特急「いしづち」でJR今治駅下車。タクシー約25分 。
[松山空港発着路線]東京、大阪(伊丹)、中部国際、福岡、鹿児島、沖縄

おすすめスポット

写真を↓クリックすると拡大表示されます!

おすすめスポット

写真を↓クリックすると拡大表示されます!